22/11/29 (火曜日)

介護職の問題と改善

介護職に転職した場合の注意点としては、介護職の人は生活が不規則になりやすいということが挙げられます。特に入居型の介護施設で働いている人は夜勤や長時間勤務が続きやすいため、十分な休息を取るのが非常に困難です。昼夜が逆転した生活が長く続き、体調不良に陥るケースも少なくありません。介護職は決して簡単な仕事ではありませんが、慢性的な人手不足によって一人当たりの仕事量が過重になっているのが原因とされています。また、仕事中は万が一の事態が起きないように細心の注意を払う必要があります。そのため、気の休まる時がほとんど無いと言っても過言ではありません。そのような状況が介護職に就いている人を悩ませているのです。

仕事に関する問題は介護施設の運営方針が原因というケースもあります。人件費を減らすために施設職員の数をぎりぎりまで減らして運営している施設が稀に存在します。そういった施設では職員への負担も大きく、心身ともに健康に働くことができなくなる可能性は否定できません。状況を改善しなければ不規則な生活を修正するのは非常に困難です。複数の職員と共に待遇の改善を求める必要がありますが、要望が必ずしも受理されるとは限りません。公的な機関に職場環境の問題を提示してアドバイスを貰うか、働く施設を変えるなどの方法も選択肢のひとつと言えます。介護職に就く人が安全に働くには自分自身の体調を健やかに保つ必要があります。そのため、転職の際には職員側のサポートをしっかり行っている施設を見つけることも重要です。