22/11/29 (火曜日)

キャリアパスを考えて転職しよう

介護職は、様々な専門職の中でも離職率が高いなどあまり良い印象ではない方も多いかもしれません。しかし、順調にキャリアを積むことで、長期にわたり業界内で活躍することが可能です。最近では職員のキャリアパスのサポートを行う事業所も増えており、新卒者はもちろん中途採用者に至るまで幅広い人材の教育に尽力しています。そうした状況の中、介護職として安心してキャリアアップを図るうえで、各地の老人ホームやデイサービス事業所、訪問介護事業所などのスタッフの受け入れ態勢について、求職中にきちんと把握をすることが大事です。たとえば、人員に余裕がある介護事業所の中には、新人が一通りの仕事に慣れるまで少人数制の業務研修を行ったり、資格取得のための援助をしたりしているところも少なくありません。

また、介護職の経験がない人は、高齢者とコミュニケーションを取ったり、適切な場面で介護をしたりすることが難しいという問題があります。そのため、実際に仕事をしながら介護の基礎を習得するうえで、積極的に職場見学をして、面倒見の良いベテランの介護職のスタッフが揃っているところや、終業後にミーティングや勉強会を開いているところを勤務先に決めることが大切です。なお、自分に合った勤務先を見つけるには、早い時期から求人情報をもとに各事業所の給料や主な仕事内容、勤務体系などを比較して、将来的に不安なく働けるかどうかきちんと見極めをすることが重要となります。